• 〒036-0321
    青森県黒石市あけぼの町52番地

  • 電話番号:0172-52-2877FAX番号:0172-52-2907
  •  ( 受付:8:30〜12:00まで )
     ( 休診:第1・第3土曜、日曜、
         祝日、お盆、年末年始 )

よされっつからのメッセージ

 
住み慣れた地域での生活を支援するために

 平成26年4月に「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)」が改正されました。改正内容としては、入院医療中心から地域生活を支えるための精神医療への移行を促進する動きとなっています。
 今回は、改正点の一つである「医療保護入院の見直し」と「医療保護入院者の退院支援」の観点から、地域生活移行支援について述べたいと思います。
 ※医療保護入院…家族等のうちいずれかの者の同意による入院。

<医療保護入院の見直し>
 精神科病院への入院の場合、精神保健福祉法に基づく入院の形態をとります。
 精神保健福祉法改正に伴い、「保護者」制度が廃止され、「保護者」の同意から「家族等」のいずれかの者の同意へと医療保護入院が見直されました。
 入院の際には、精神保健指定医が入院される方や家族に入院の必要性と同時に権利も説明した上での入院となります。
(※入院が必要と考えられる場合の受診には可能な限り家族の付き添いをお願いしています。)
 医療保護入院(平成26年4月1日以降入院)の場合、家族に入院の同意を得られた後、本人もしくは家族に「退院後生活環境相談員」(以下相談員)の選任及び役割について説明を行います。

<医療保護入院者の退院支援>
 将来的な退院を見据えて、相談員は本人に寄り添うための姿勢で関わり、自身の思いを託せる人と思ってもらえる関わりや、家族の負担を軽減する関わりが大切になってきます。
 また、入院時に医師が作成した入院診療計画書に記載された入院見込期間の前後2週間以内に「医療保護入院者退院支援委員会」を開催することとなっており、本人、家族、医療スタッフ、地域援助事業者(居宅介護支援事業所、相談支援事業所等)等が参加し、退院に向けた検討を行うことで、退院に向けた支援につなげることを目的としています。

 精神科病院における入院医療については、毎年新たに約5万人が1年以上の長期入院となっています。入院期間が長期になると、家庭復帰する割合も減少します。慣れ親しんだ地域での生活に戻れるように、本人や家族への関わり、院内、関係機関との連携が大切です。居住場所や支援体制がないことで退院困難になっている現状もあることから、入院治療が終了した後に地域移行がスムーズに進められるように、地域への働きかけも必要と感じています。
 地域で安心して生活していくためには、地域の方々のご協力が不可欠ですので、ご協力、ご理解のほどよろしくお願い致します。

 ご相談、ご要望がありましたら、病院までご連絡ください。

これまでに、ご紹介した「メッセージ」はこちらから
PAGE TOP