• 〒036-0321
    青森県黒石市あけぼの町52番地

  • 電話番号:0172-52-2877FAX番号:0172-52-2907
  •  ( 受付:8:30〜12:00まで )
     ( 休診:第1・第3土曜、日曜、
         祝日、お盆、年末年始 )

心の病気あれこれ

自信の回復をめざして

 先日、岩木山から暗門の滝まで世界遺産白神山地のブナの森を山スキーで歩いてきました。 「岩木山から暗門の滝まで山がつながっているの?」と思う人も居るでしょうが、嶽温泉の裏の森から暗門までブナの森が続いているのである。 白神のブナの原生林では、冬の山で厳しいはずなのに、母胎の中にいるような安心感に包まれます。 途中、巨大なうろを持った(大人5〜6人が入れるほどのうろを持った)ブナの木を見つけ、うろの中に入ってみると、 太古の昔にここに住んでいたような錯覚を覚えるほど、こころが癒されました。私はこころを整えるために山に登っている面もあるのだなとあらためて思いました。

 私たちは生きていく中で、自信を持ったり、自信を失ったりしながら、日々過ごしています。 仕事や人間関係、日常の些細な事で、上手くいけば自信が付くし、それらがストレスとなると自信を失ってしまう。 程度の差はあるが、みんなそんな波を生き抜いています。病気は生きる上でハンデとなり、自信を失ってしまう事もあります。 例えば、仕事が忙しく残業続きで、睡眠時間も削られ、さらに、職場での人間関係がうまくいかず、そこに何らかのマイナス要因が加わると、うつ状態を来たす事があります。 うつ状態になると、気分は沈み、楽しみを感じにくくなり、先行きの不安に押しつぶされてしまう事もあります。 「この病気は本当に良くなるのだろうか」、「また仕事をできるようになるのだろうか」、「この先どうなってしまうのだろうか」と不安を覚え、自信を失ってしまう。 こうなると人と接するのを避けるようになり、孤独に陥ってしまう事もあるでしょう。

 この自信を喪失した状態を回復する方法はあるのだろうか。家族や友人に話しを聞いてもらって癒されるかもしれない。 趣味や好きな音楽を聴いて気分転換が図れるかもしれない。休息と睡眠をしっかりとり、規則正しい生活をする事で、回復に近付けるかもしれない。 病院での治療では、薬物療法、精神療法、デイケアなどのリハビリテーションがあります。当院のデイケアでも、様々な病気により生きにくさを抱えたメンバーたちが、 デイケアでの活動や人間関係を通して、自信の回復を目指しています。どんな状態であっても、健康な部分と不健康な部分をあわせ持っていて、 自分の中に眠っていた健康な部分に気付く事により、自信を回復していくのである。病気を抱えていると、自分の健康面になかなか気付きにくいものです。 一度自信の回復を経験すると、今後起こりうるストレスにも対応しやすくなります。病気を抱えていても、生きていく自信を回復し、質のいい生活を目指していく事が大切になります。

 病院では、病気からの自信の回復を後押しできるようなサポートをしていきますので、お気軽にご相談ください。

 
「といろ」デイルーム
これまでに、ご紹介した「こころの病気あれこれ」はこちらから
PAGE TOP