• 〒036-0321
    青森県黒石市あけぼの町52番地

  • 電話番号:0172-52-2877FAX番号:0172-52-2907
  •  ( 受付:8:30〜12:00まで )
     ( 休診:第1・第3土曜、日曜、
         祝日、お盆、年末年始 )

お薬のはなし

薬の飲み方・使い方

 今日は薬の飲み方・使い方、薬は様々ありますので、この事について書かせていただきます。

(1)薬の飲み方
  • 1. 外箱や薬袋をよく見て、用法用量を確かめ、使い方の注意をよく読みます。
  • 2. 正しい服用時間について
    • a. 食前−食事の30分〜1時間前に服用
    • b. 食直前−食事と関係させて服用する薬(例:糖尿病薬などに多いです。)
      この薬を飲んだらすぐに食事にする。
    • c. 食後−食事が終わってから30分以内です。
    • d. 食間−食事中の事ではなく、食事と食事の間のことで、食後約2時間位です。
    • e. 就寝前−寝る直前、または30分位前です。
  • 3. コップ1杯以上の水で飲むこと。少しの水だと薬がのどに張り付いたりして炎症を起こしたりする事もあります。
    水がたくさんあるとよく溶け、吸収されやすくなります。
  • 4. うっかりして飲み忘れてしまい、次の服用時間までに時間がきてしまったら、1回分だけを飲みます。
(2)薬には内用薬、外用薬、注射剤などがあります。
  • 1. 内用薬−粉の薬の仲間として、散剤(粉薬)があります。この散剤は錠剤やカプセルを飲めない人でも服用しやすいです。
    顆粒剤も粉薬の仲間です。カプセル剤・錠剤・液剤も内用薬です。
  • 2. 外用薬
    • @ パップ剤−これには冷感タイプと温感タイプがあります。入浴するときは、入浴の1時間以上前に剥がしましょう。入浴後は30分位経ってからはりましょう。
    • A 軟膏・クリーム・ローション−皮膚の表面が破れたり傷がついていない時にはローションやクリームの方が吸収されやすい。
      皮膚に傷があった時には軟膏を使う。この場合ローションを使用すると、刺激があり逆効果です。
    • B 坐薬−包装から取り出して、とんがった方から肛門にいれて、入れた後、すぐに大便を出さず、少しの間肛門をおさえます。溶けやすいので、他の使わない坐薬は冷蔵庫に入れて保管してください。
    • C 点眼剤−無菌製剤なので汚さないように気をつけます。
      • a. 付ける前に手を洗ってきれいにします。
      • b. 容器の先端がまつ毛やまぶたに触れないように点眼する。
  • 3. 注射剤
    • a. 即座に急速に作用させる必要があるとき。
    • b. 薬を飲めない胃腸障害があっても薬を吸収させる。
これまでに、ご紹介した「お薬のはなし」はこちらから
PAGE TOP